What's Samadhi Bowl?

        

 
 
 
 
 
 

三昧琴について

 
三昧琴は、石川県小松市在住の鍛冶師・河上知明氏の工房で真冬にだけ制作されている楽器です。オリジナル楽器なので、この楽器を制作しているのは河上氏ただひとりです。

河上氏がバリ島で出会ったシャーマンの一言が発想のヒントとなり生まれました。
 
純チタンあるいは鉄製でひとつひとつ手作りのため奏でる音程もすべて異なります。
 
三昧(ざんまい)とは、サンスクリット語サーマーディ(samadhi)の音訳で、「心の動きが完全に止まった、心が凪いだ境地に至る」状態のことを表す言葉です。
英語ではSamadhibowl(サマディボウル)とも呼ばれます。
 
手作りのため音程もすべて異なる三昧琴の宇宙的な響きは、一度聴いただけで多くの人を魅了します。

寺院の鐘、バリ島のガムラン、クリスタルボウル…似ているようで、それらのどれとも異なる不思議な音。いつまでもいつまでも空間にただよう宇宙的な余韻。

宇宙空間に漂っているような無限のひろがりと、まるで子宮の中に還ったようななつかしさとあたたかさを感じるサウンドです。
 
 
鉄製の三昧琴は大地の響き、チタン製の三昧琴は宇宙の響きを持つと言われています。
(福島が愛用しているのは2枚を除きすべてチタン製です) 
 
 
目を閉じて、その響きに意識をむけている時間は、三昧の名が表すとおり、頭の中の忙しいざわめきや考え事などが静かになり、しばし瞑想的な時間を過ごすことができると、お客様からもお声をいただいています。
 
 
 
  

【Zanmaikin as Samadhibowl】
Unique metal percussion instrument made of iron/ pure titanium, created by
Mr. Tomoaki Kawakami, a Japanese smithy based in Ishikawa prefecture, Japan.
Kawakami got the inspiration to create this special instrument from the offhand remark of a shaman whom he had met in Bali. As Zanmaikin is manually produced, piece by piece at Kawakami’s studio in Ishikawa, every single piece owns a different tone.