Sound Therapy

 

 
 
 
 
 
 

 
 
  
わたしは聴き、共鳴します。
あなたの話やあなたのエネルギーに。
そしてあなたの細胞の振動に。
 
音叉、三昧琴、エネルギーワーク、そしてダイアログ(対話)
 
この7年のあいだにめぐりあった
天と地を結ぶこれらのツールを用いて
ただただ、聴きながら
音を奏でながら
いま、必要なメッセージをお伝えします
 

サウンドセラピー(個人セッション)

 
レゾナリエ、という肩書で活動を始めたのは
音叉サウンドセラピストとして6年目を迎えた2013年のこと
レゾナリエ(=共鳴するひと)という造語です。
 
音を奏でることは
振動を起こすということ。
 
あなたが、すでにご自身で放っている周波数に
音叉(おんさ)や、三昧琴(ざんまいきん)の周波数をかさねていくということ。
 
音を響かせている間は、セラピストによる誘導は一切ありません。
 
音(=振動)が
受け手の細胞とエネルギーに共振することにより、
あなたの潜在意識と顕在意識を結ぶ架け橋となり
本来の自分自身を思い出すお手伝いをします。
 
音叉の役割は、「無意識への旅」。
より深い深い意識の底へと降りて行き
忘れていた体験や、細胞の記憶を蘇らせます。
 
三昧琴の役割は、「再構築」。
 
音叉で深い意識への旅を終え
純度の高い「個」となった自分を
この現実世界でよりよく対応させていくための
再生の時間です。
 
これらサウンドツールの音が響いている間は
ただ、音叉と三昧琴の周波数に
ゆったりと身を委ねていてください。
 
セラピストであるわたしの役割は
奏でる音に自らも共鳴しながら、
音とクライアント(お客様)の共鳴を感じ、観察すること。
 
安全な空間で安心して受けていただけるように
ずっと、見守っています。
 
音を聴きながら身体のさまざまな箇所に反応が出る方
ずっと忘れていた大切なことを思い出す方
疑問や抱えているテーマへの答えが出た方
体中のめぐりが良くなった方
人間関係に変化が出た方
セッションで起こることは人によってさまざまです

音叉が終わって起き上がった時に
ものすごく深いところまで行った気がする、という感覚を
感じる方がとても多く
音のお風呂に入ったような印象、というご感想もいただいています。
 
これらサウンドツールの周波数は、
セッションが終わったあともしばらくは
身体やエネルギー体の中に残り、内側からのさらなる変容を促します。
 
音を奏でる前後のダイアログタイムにゆっくりとお話を伺います。
最初に、ご自身のテーマをきめてセッションにいらしても
決めずにいらしてもかまいません
決めてきても、それとは別の裏テーマが浮上する場合もありますし
決めずにきても、なにかしらお伝えすることが出てくると思います
セッション中に受け取ったチャクラメッセージは
オリジナルシートに記入しお持ち帰りいただけます。
  
※医療行為・治療行為とは異なります。
 
 

セッションでパートナーになるツールについて

ソルフェジオカラーチューナー、フィボナッチチューナー、神聖チューナー、惑星チューナー、DNARNAチューナーなどの音叉群と、日本生まれの三昧琴(ざんまいきん)をパートナーにセッションを行っています。
 

 
<セッション料金>
 
120分:23,000円(消費税別)
180分:35,000円(消費税別)120分コースにダイアログを60分プラスした内容です。