第5期生の皆様より

 

Q.【祐天寺からだ寺子屋の魅力ってなんですか?】 

 
「からだ寺子屋は普通の解剖学ではなくて面白いです。
私の体すごい!そんなにがんばって私を活かし続けてくれてたなんて
体さんありがとう!という感謝の気持ちが湧いてきます。」
 
「日常生活にすぐ役立つ身体についての知識が学べる。
病院に行くほどではないけど、ちょっと専門的な話を聴きたいと思う
ちょっとした自分の不調とかを気軽に質問できるステキな環境です。」
 
「なんとなく知っている体のことが”つながる”
体を見ていくと、自分の存在価値とかどうでも良くなる。(すでに体がすごいから)
ただただ面白くてタメになる。」

 

 
F.A様より(会社員・セラピスト)

 

Q.【からだ寺子屋を受ける前のご自身はいかがでしたか?】

当時会社員として働いていました。
なぜか体調が悪いことが多く、色々な症状で色々な病院に通って…
原因もわからず、ストレスですね!で、片付けられ、薬漬けのような生活を送っていました。
薬を飲んでも何も変わらず…健康になりたいと願う日々でした。
 

Q.【からだ寺子屋を受けるきっかけを教えてください。】

健康になりたい一心で色々なことを勉強していくうちに、ストレスと言うものをやっと自分自身理解できるようになりました。
ストレスの気付きや癒やしは大切だと実感できた時に、からだに触れる事(ボディワーク)に興味を持ち、からだに触れるからにはからだについてちゃんと知っておきたいなぁと思い始めました。
そんな時に寺子屋を紹介され、からだと言う物体だけを勉強するわけでもなく、色々な方向からからだのことを教えてくれそうなプログラムだったので、まずは、自分のからだを知り、知ったら健康になれる方法がわかるかも?と思い、自分のからだの為に受講することを決めました。
 

Q.【からだ寺子屋を受けてよかった、と思うことはありますか?】

今まで自分のからだを放っておいたしまったことを知り、自分のからだに目を向けることができるようになり、自分のからだを大事にできるようになりました。
結果、今まで悩まされた不調は全てなくなり、とても健康的な生活を送っています。
 

Q.【これからのご自身について&寺子屋に興味がある方へのメッセージ】

自分自身を見つめ直すことができ、自分自身を大切にすることができるようになります。
そして、自分にも周りのみんなにも、優しくなれるような気がします。
気になったのであれば受けてみてください!
日々、色々な形のhappyを得られていることに気付きますよ。
 


S.K様より(セラピスト)

 
Q.【からだ寺子屋を受ける前のご自身はいかがでしたか?】

女性はヒールを履いてないとダメでしょって思い続けて
無理しすぎちゃうくらい周りの視線を気にしていたと思います。
 

Q.【からだ寺子屋を受けるきっかけを教えてください。】

リンパマッサージの技術を習得し、仕事につなげていく為にはカラダについての知識も必要だと思ったので、あみ先生のブログを見てワクワクを感じたのでほぼ、即決!
 

Q.【からだ寺子屋を受けてよかった、と思うことはありますか?】

難しそうなカラダのことについて
分かりやすく、楽しく学ぶことができた
環境が良かったです。
 
そぉいえば、以前は、ニキビに悩まされていた私ですが
気がつくと最近は気にならなくなってきたような〜(笑)
 
寺子屋で話を聞いては、
自然とカラダが動いていたのかもしれませんねぇ…
 
こころとからだはひとつなんだな〜
 

Q.【これからのご自身について&寺子屋に興味がある方へのメッセージ】

寺子屋は、一年間だから
途中で嫌になってしまうかもと正直
考えたりもしたけど、それよりも
今の気になるを優先して直感だったけど
行動して良かったなと思ってます。
 
終わってみると素晴らしい講師の方たちと
一緒の時間を過ごしていたんだなと改めて感じています。
 


R.N様より(薬剤師)

 

Q.【からだ寺子屋を受ける前のご自身はいかがでしたか?】

ここ数年、
身体的症状から精神的症状まで
あらゆる自律神経失調症状に悩まされており
しょっちゅう寝込んだり、
家に引きこもって座り込んだりしていました。
 
人に会う予定があれば、
その日までは生きていようと思える感じがして
セミナーに行ったりしてました。
たぶんそうだったと思います。
 
(ただし、もともと自分で手を下す気はなし。
最後は死んで終われることだけが
私の絶対で救いだから。)
 
まあ、ただ講座とか出て普通なふりをするので
その後1週間寝込むとかありました(苦笑)
 
ままならない自分のカラダに辟易していた時期だったように思います。
 
正直、あまりハッキリとした記憶はありません。
 

Q.【からだ寺子屋を受けるきっかけを教えてください。】

カラダのことに興味があったから。。。でしょうか?
 
確かに「今更各論やり直してどうするってんだろう?」
という自分に対する疑問はありました。
 
でも、これまでの学びの中で
(学校で学んだことやら、
ボディワークの講座で学んだことやら)
自分の中に出来上がった
「素晴らしい人体像」と
「自分自身の肉体」というのを
繋げたかった。
統合したかった。
 
それは自分のカラダに対する信頼が
薄れていた時期だったからなのかな?。
 
他にもあるけど
説明会であみ先生のお話を聞いて
ここに私が求める何かがあるだろうことは
感じて、それで受講を決めました。
 

Q.【からだ寺子屋を受けてよかった、と思うことはありますか?】

カラダの不調はもちろん日々あるんだけど
悪い部分にフォーカスしすぎなくなったと思います。
体を無視するとかでなくて。
私はちょっと過敏すぎるから。
 
カラダは自分そのものではないというか
自分が自分と認識している部分とは
別の部分というか・・・
 
自分を生かすため機能し続けてくれている
カラダの働きに思いを馳せたり
悪かったねと謝ってみたり
ありがとうと労ってみたり
 
バランスをとる為に
体がしていることにたいして
私ができることって何だろう?
そう考えてみたり。
 
そんな風にしてカラダと仲良くなれてきたかな?そう思います。
 
あみ先生が内臓の気持ちを代弁してくれるのが好きだな(笑)
楽しかったです。
 

Q.【これからのご自身について&寺子屋に興味がある方へのメッセージ】

 
『興味がある・・・』
もうそれだけで
行かない理由なんて
ないも同然です!!
 
それでも迷うって言うなら
あみ先生がお話するのを
15分でも聞いたら
いいんじゃないかな?
(説明会とかで)
 
心のお勉強がここ数年で
とても広まった気がするし、
実際に学んでいる人や、
何かしらのカウンセリングなど
セッションを受けている人も多いと思うし
自分に向き合う作業を
たくさんしている(してきた)人も多いと思う。
(私もだけど)
 
が。。。
もっとハッキリと実態を感じられるはずの
「カラダ」に対するフォーカスが
少ないように感じるのは
私がそういう場所を知らないだけなのだろうか?
 
カラダが日々何をしているのか?
してくれているのか?
それを知ることは
(何だかんだで
学校で習ってきてはいるはずだけど、
それが実際に
「自分のカラダで起こっている事なんだ!」と
改めて認識することは)
 
心のお勉強で向き合ってきた自分とは
また違った自分を知ることになると思いました。
 
私は大学で解剖学や生理学を
学んだことがあるけど
(目的が違うということもあるだろうけど)
 
あみ先生からカラダの話を聞いて
起こるようなことは
大学の講義を何年も受けたって
起こりませんでした。
 
何が起こるかは人それぞれだと思います。
 
私は自分の中に溜まって
バラバラになっていた知識や考えが
ある日まとまって
(アレとコレとソレがくっ付いて
単独の事柄ではなくなって)
自分の中に落ちてきた感覚が
やって来たことがありました。
(腑に落ちるってヤツでしょうか?)
 
カラダに感謝が湧くこと
ごめーーん><。と謝ることもありました。
カラダと仲良くなりました。
 
カラダの講義を聞いていたのに
勝手にトラウマ的な部分に響いて
一人ゾワゾワしていた日もありました。
 
 
これから先も
私と私のカラダとの付き合いは
続いていきます。
からだ寺子屋の終わりは私にはありません。
 
あ。そうだ。
私は毎回大笑いしておりました(笑)
解剖生理の講義のはずなのにねぇ~
 
小難しいお勉強とは違います。
色んな方にからだ寺子屋が広がりますように。。。
 


A.Y様より(セラピスト)

 

Q.【からだ寺子屋を受ける前のご自身はいかがでしたか?】

アロマテラピーやリフレクソロジーのスクールなどで解剖生理学は学んできていたが、“学んだ”けれど、それだけで終わっていたような気がします。
 

Q.【からだ寺子屋を受けるきっかけを教えてください。】

アロマトリートメントやリフレクソロジーを受けてくれるお客さまにもっと自分の言葉でからだのことを上手く伝えられるようになりたいと思っていたら、スペースUのちぐささんからからだ寺子屋開催のメールが届きました。
 

Q.【からだ寺子屋を受けてよかった、と思うことはありますか?】

 
“よかった!”と思うことはとても沢山あります。
 
からだ寺子屋で一年間学んで“からだ”の素晴らしさをあらてめて知り、どんな(誰の)“からだ”も愛おしく感じるようになりました。
 
いま私はアロマテラピーの仕事と介護の仕事をしていて、
生後数日の赤ちゃんから90歳を過ぎたお年寄りまで幅広い年齢の方と接しています。
 
どちらの職場でも、からだを見るとき、触れるとき、看るとき、感じるとき、伝えるときに無意識に “Love in Action” 出来るようになったと感じています。
誰の、どんな状態の“からだ”も愛おしく大切で仕方ありません。
 
それなので、アロマテラピーの仕事も介護の仕事も喜びが大きくて、とても幸せを感じています。
 
こんなふうに思えるようになれたのは、からだ寺子屋で学んだことが大きいと思います。
 

Q.【これからのご自身について&寺子屋に興味がある方へのメッセージ】

 
私はいま、この場所に辿り着けたことがとても幸せで嬉しいので、これからも一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

からだ寺子屋に興味を持っている方へ

少しでも興味を持っているのでしたら、ぜひ受講をおすすめします。
ただの解剖生理学ではありません。
同じ講義を受けていても、受講生一人ひとり学んだり身につくことは違うと思いますが、私は一年間受講して“生き直せた”と思えるくらい大きな収穫がありました。
からだの素晴らしさをあらためて知って、もっと大きな“愛”や“宇宙”のようなものを学べる場だと思います。
 


I.N様より(ボイストレーナー)

 

Q.【からだ寺子屋を受ける前のご自身はいかがでしたか?】

ちょうど仕事を転職し、自分以外のお体を感じる時間が増えたこともあり、もっと身体のことを知りたい!と思っていました。
また、アラサーと言われる年齢に差し掛かり、身体の微妙な変化を感じていたり、ハードなダイエットや部活動を10年以上続けてきたわたしの身体を見直さなければ…という気持ちや周りが結婚、出産を経験するなかで、わたしはこれからどうしていきたいんだろう?と漠然としたモヤモヤがいつも心のなかにあった気がしています。
 

Q.【からだ寺子屋を受けるきっかけを教えてください。】

きっかけは、千種さんのブログでした。
からだ寺子屋という、可愛らしい名前に惹かれ、あみせんせいのブログにとんでいきました。
 
そこで、難しい名前が書かれている解剖生理的な言葉やかたっくるしい感じを受けなかった私は、生理のミニセミナーを受けました。
 
テストで合格したいわけでも、解剖生理のプロを目指していなかったわたしにとっては、日常の延長でちょっとからだに向き合ってみるみたいな気軽さに心地よさを感じて、月1回ペースもわたしには合っていて、寺子屋にお申し込みしました!
 

Q.【からだ寺子屋を受けてよかった、と思うことはありますか?】

自己肯定が、できるようになったきっかけをもらえた気がします。
からだも心も、わたしの味方で常に休むことなく動いてくれていることは、当たり前ではなく、本当に奇跡の固まりなのだと、、、。
 
物理的には、不調に敏感に反応でき、対応対処が早くなりました。
 
風邪をひくことや具合が悪いことに罪悪感を感じることも減り、あっ!からだがサインを送ってくれている、わたしちょっとお休みしよう!とブレーキをかけられるようになりました。
 
あとは、一期生に出逢えたこと。
ありがとうって思います。
 

Q.【これからのご自身について&寺子屋に興味がある方へのメッセージ】

わたしも30代に突入しました。
唯一無二のわたしの身体を大切に、心のままに、生きていたいと改めて思っています。
 
これから、寺子屋を受けようか迷っている皆さん。
寺子屋は、今回人間として生まれてきた私たちにとって、必修科目と言っても良いくらい、大切なことを感じられる場所だと思います。
からだ寺子屋という場所は、これから高貴な場所でなく、私たちの当たり前にある場所になるはずです。
 
楽しく、心のままに、寺子屋の扉をノックしてみてください♪
正直、幸せになっちゃうと思うので、笑
 
皆さんの穏やかな幸せを願っています。
 


【この他、これまでに寄せられたご感想】

 
受講を申し込んだきっかけは、自分の健康のためでした。
 
長い間悩まされていた(病院に行くとストレスで片付けられてしまっていた)
意味の分からない症状…。
 
寺子屋に通ったこの一年でそんな症状がぴたりと出なくなりました。
 
ストレスにも気づけて
自分が楽しいことだけするようになりました。
 
夏くらいに友人に
「一皮むけたね!」と言われたんです!
 
寺子屋で、仲間とともに
お腹の底から大笑いする時間がとても楽しかったです。


 

いらないものは脱いで、いるものを着たという感じです。
 
最初は一年間通う自信がなかったし、
途中でつまんなくなるんじゃないかという
不安がありましたが
最初に一回か2回で覆されました。
 
普段の日常生活の中で
この寺子屋の内容を届けたいと思います。

 
昨日、寺子屋で使っていたノートを1冊使い切りました。
 
見返したら・・・自分のこともだけど、周囲の人への気持ちも大きく変わっているみたいでした。
 
「自分の気持ちと一緒じゃないと一線を引くことが多かったけれど、
今は自分と違うのは当たり前だよね~だって人間み~んな違うんだもの~」とか
 
「こんな考え方もあるんだ~へぇ~おもしろい~!」となっているみたいです。
 
寺子屋で得た大きな変化だと思います。


 

外見をがらっと変えたわけではないのに
「すごく変わった」と周りからも言われるようになった
それを否定もしなくなり、受け取れるようになりました。
 
結局こうだよね、という軸があって
それを伝えていけばいいんだ!と思ったんです。
 
実際に自分が本当に心から思って伝えられるか、とか
信じてキャッチボールができるか
そんなことが大切なんだと腑に落ちました。
 
こんなに自分で生きていることに喜びというか
「わたし、いいよね!」と生まれて初めて思えるようになったし、
自分に必要なもの不必要なものを分別できるようになりました。

 
“足”って奥が深いな~!!!
その人の心や体の状態を現わしてる!
それも現在だけでなく、今までどう生きてきたかも。
新発見&再発見&感動(感心)の連続でした!!!
 
私は英国式リフレクソロジーの資格を取って実際に施術もさせてもらっているのですが、
“足”のこと何にもホントにな~んにも分かってなかったです。
仕事を抜きにして、もっと“足”のこと知りたい!と思いました。
 
(足裏理論、フットケアの授業のあとのご感想)


 

わたしは、呼吸が心地よくできていると、地味~な和食。。。粗食が食べたくなります。
 
(中略)
 
今日、あの数分呼吸を感じただけで、やっぱり夕飯は和食。
それも手作りしたい!とも思えてお味噌汁だけだけれど手作りしました。
いつものスーパーのお惣菜コーナーの油もの棚周辺に行ったら、
 
少し「うっ!」(いらないです、食べたくないです。)ってなりました。
 
いいのか悪いのかは置いておいて。
呼吸と関係がどうなってこうなっているかも?ですが。。。
身体って不思議。。。でも素直だな~って思ったので、
 
感じた「今、」皆さんに聞いて欲しいって思っちゃいました。【笑】
 
(呼吸器とピラティスの授業のあとのご感想)
 

体のことを教われば教わるほど感動しました。
すごいものを持っていままで生きていたのに
それに気がついていなかった。
 
身体のことをあらためて学んで
いわゆる「お勉強」じゃない学び
自分の身体を通して真剣に考えたことって
今まであまりなくて
 
でも今では、なにか不調が起こっても「起こっていることはこうなんだ!」と
自分で考える習慣ができました。
 
ひとつひとつやっていけばいいんだ、
うれしいことを中心に最優先して選んでいくのをやろうと思いました。
 
自分の底(原点)を見つめなおした一年でした。
本当に、「生き直した」という感じがします。


寺子屋に通い始めてからのこの一年間は
人生のターニングポイントになりました。
 
「からだってスゴイ!」
そう思って身体のことを見るようになたら
世の中のすべてのことに謙虚に接することができるようになりました
 
「あたまも心もウソをつくけど
身体は嘘をつかない」
 
その当時は言いっぱなしだったけど
顕在意識の私は小さくて
潜在意識の私はものすごく大きいのに
ミスマッチでした。
 
ひくつにならず、
自分のずれを修正して行ったら
いろいろなめぐり合わせに出逢いました。
 
そして、自分の中の幸せ感があがりました。
 
特別自分の生活が大きく変わったとかではないけど
「幸せ」の感度が高まったように思います。

昨日の晩、“からだ寺子屋”の存在が心の駆け込み寺のようになっていることに気づきました。
 
皆さん、いつもありがとうございますm(  )m


 

あみ先生はなんでも答えてくれるので
質問魔の私も安心して聞くことができました。
 
私が私でそのまま生きていくことを
「ああ、そうだな」と受け入れて生きることができるようになりました。
 
その人以上にその人のことを考えてしまうことが、
自分の生き方の基本になっていたことや
自分をないがしろにしていたことに気づいた一年でした。
 
それまでの私は、
自分のほんとうの自己主張を出さないようになってしまっていたのです。
 
気づけたからこそ、これからは、
ぜんぶひっくるめて自分を大事にしょうと思えたし、
私は私を表現していこうという覚悟が決まりました。

 
お姉ちゃんだから、と言われて育った私。
自分のことをわかろうとしないまま
人に言われたことをがんばろうとしていました。
 
ストレスがたまり、摂食障害で入院したこともありました。
 
寺子屋の一年で
自分を認めると言うよりも自分を知って
食べたいものも直感で選ぶようになったら
身体が軽くなって辛くなくなりました。
 
そして、自分のこころと身体を信頼出来るようになりました。


振り返ると、かつては
「人からどう見られているか?」そればかりを気にしていた私。
 
なんでそんな自分になっていたのかなと思い返してみると
「こうあるべき」という考えにしばられていたのだと思います。
そして、中身よりも見た目を意識していました。
 
今は、「自分がどうしたいか?」で
選ぶようになりました!
 
はじめは何が学びたいかわかっていなかったけど
今になってみると「ああ、こういうことが学びたかったんだ!」と
思っています。
 

 

  ◎年間カリキュラムは>>こちらからご確認ください
  ◎受講料とキャンセルポリシーは>>こちらからご確認ください
  ◎祐天寺からだ寺子屋第6期、第7期および無料説明会へのお申し込み、お問合せは>>こちらからどうぞ!